last tea break

レイトン教授シリーズ支援の第一人者(自称)をやっているインターネットお絵描きマンです

【ネタバレ】レイトン教授の親族関係【母親は誰?】

どうも、レイトン教授を追いかけて三千里の牧です。

まず初めにこの記事にはレイトン教授シリーズのストーリーにおける重大なネタバレを含みます。「重要なのは結末じゃない…その過程なんだ…」という方以外は続きを読まずに今すぐレイトン教授シリーズをプレイすることをオススメいたします。

折よくミステリージャーニー発売記念で、5作目「奇跡の仮面」と6作目「超文明Aの遺産」ダウンロード版が半額で売り出され始めました。2作いずれかのダウンロード版を持っていると、ミステリージャーニーまで10%割引になるという太っ腹ぶり。この機会に絶対プレイしてください。よろしくお願いします。

www.layton.jp

 

さて、レイトン教授には色々とショッキングな人間関係が取り巻きます。

 

まず初めに、7月20日発売となりますミステリージャーニー主人公の、カトリーエイル・レイトンのプロフィールをおさらいしてみましょう。

f:id:maki56565:20170621201301p:plain

かなりの男勝りの性格でありながら、父レイトン教授から礼儀正しき淑女教育を受けたという、言わば淑女教育のエリート。PVでは幼少期から仲良く寄り添っている様が見受けられます。ちなみに教授は彼女のことを「カトリー」、彼女は教授のことを「パパ」と呼びます。

 

いやもう「教授に娘がいたの?」って段階でびっくりなんですが、旧シリーズにはびっくりに拍車をかける女性の存在がありまして、旧作ファンの度肝を抜きまくっています。

 

それがこの方、3作目「最後の時間旅行」ヒロインであるクレア・フォーリーさん。

f:id:maki56565:20170621195429p:plain

彼女はレイトン先生が考古学教授を目指している学生の頃からお付き合いのある、レイトン教授の恋人です。ちょっとこじゃれたレストランで小粋なプレゼントを渡し、もじもじしながら「もし僕が教授になれたら…」と言いかけるレイトン教授の次の言葉は、「結婚してほしい」以外の言葉が思いつきません。そのくらい教授がぞっこんラブだったクレアさんですが、不慮の事故により若くしてこの世から去ってしまいます。

傷心のレイトン教授は、彼女の最期となった「私がいいって言うまでシルクハットを脱いじゃダメ」という言葉をずっと胸に、10年シルクハットを被り続けていたのでした。

なんやかんやあって、レイトン教授は亡くなる直前のクレアさんに「私はずっと君のことを…!」と、思いの丈を告白することができ、以降はかたくなに被り続けていたシルクハットを脱ぐこともできるようになったのですが、この、日野社長にも「レイトン教授シリーズ最高のシナリオが書けた」と言わしめた作品のおかげで、多くの旧作ファンはレイトン教授はクレアさんのことを忘れてしまったの?」という点が気になっているわけです。

 

しかしここで忘れてはいけないのが、レイトン・ブラザーズ「ミステリールーム」の主人公であるアルフェンディ・レイトンです。

f:id:maki56565:20170621202740j:plain

ミステリールームでは、父エルシャール・レイトンに対して剥き出しの敵意で接しているアルフェンディが見られたり、殺人事件に巻き込まれて重傷を負ったアルフェンディに心を砕いている教授が見られたり、二人の間に確固とした関係性が培われているのが伺えます。更にアルフェンディからは、「直観力に優れた弟がいる」とのセリフも出てくるため、この時点でレイトン教授が知らん内に息子を二人もこさえてたという事実を知ったファンは、将棋倒しのように軒並み倒れておりました。

ちなみにミステリールーム内でもアルフェンディの母親について言及されるシーンはまったくありません。おかげ様でアルフェンディの出生を巡り、あれやこれやと予測と言う名の願望を押し付け合う議論は、世界各国で未だに耐えず続けられています。論争は時に醜い持論の押し付け合いに発展することもあり、もういい加減公式がハッキリしてくれ!と叫ばずにはいられない時もあります。

 

打って変わってレイトン教授のご両親を紹介しましょう。

シリーズ屈指の包容力を誇るローラン・レイトン氏と、心配性がすぎるところがたまにキズの、手料理とパッチワーク大好きルシール・レイトン夫人です。

f:id:maki56565:20170621211040j:plain

うん、似てないですね。養子です

幼少期に両親を喪ったレイトン教授は、生きていくために養子に引き取られる道を歩むことになるのですが、養子になれるのは二人兄弟の内一人だけ…自らが養子にと望まれていた兄エルシャール・ライネルは、その名を弟に譲り、弟がエルシャール・レイトンとして幸せに生きるよう後押しをしてくれたのでした。

f:id:maki56565:20170621211627j:plain

 

その弟の幸せを願わずにはいられなかった兄が成長した姿が、第二シリーズの様々な場面で対立するジャン・デスコール氏その人です。

f:id:maki56565:20170621211919j:plain

第二シリーズの1作目「魔神の笛」からガツンガツンと非道な行いを繰り返し、劇場版でも小説版でも、「目的を達成する為ならばどんな犠牲もいとわない」と言わんばかりに、レイトン教授の命をゴリゴリに狙ってきます。

無鉄砲とも思える程せっぱつまったように見える彼は、愛する妻と娘を殺されたという凄惨な過去をもっていました。5作目「奇跡の仮面」のエンディングでは、「私の人生を狂わせ全てを奪った」と言わしめるブロネフ・ライネルと対峙していきます。

f:id:maki56565:20170621212928j:plain

「えっ、ちょっと待ってライネルって…」

そうです。デスコールとレイトン教授実父にあたる人が、第二シリーズの全ての諸悪の根源となっていました。教授の親類関係複雑すぎるし、ガラの悪い人が多すぎる。

ちなみにママンのレイシー・ライネフさんは、教授似のプリティフェイスです。

f:id:maki56565:20170621215138p:plain

彼女も若くして命を落とし、以降ブロネフさんは盲目的に古代アスラント文明の秘宝を追い求めるようになったのでした…

 

レイトン教授には第一シリーズのメインヒロインであり、自称レイトン教授の花嫁候補、アロマ・ラインフォードちゃんと

f:id:maki56565:20170621214500j:plain

第二シーズンのメインヒロインであり、教授を内実ともに支え続けたレミ・アルタワちゃんがおります。

f:id:maki56565:20170621214733j:plain

どちらのヒロインも非常に根強い人気を誇っており、「レイトン教授の娘・息子の母親は彼女らのいずれかではないのか?」という推測も、飛び交いまくっておりますが、作中で彼女らとの恋愛関係が発展したという描写はありません。

レミさんはお別れ時にレイトン教授に抱き着いていましたが、その後はきっぱりと教授に別れを告げ、助手の仕事をルークに託し、ジャーナリストとして世界各地を駆け巡るという設定画が公開されました。

f:id:maki56565:20170621215954j:plain

アロマちゃんはファンブックにて日野社長に「アロマはひとりで大人の階段を上っていると思います。仕事を見つけているかもしれないし、恋人ができているかもしれない」と語られておりました。

 

ってのが旧作までの人間関係です。オーケー?

ちなみにルークには産めないし堀北真希は引退しただろ。諦めろ。

 

要するに大多数の旧作プレイヤーがレイトン教授が新しく家庭を作るなんて信じられない。何か大事件があったんじゃないか」と思っているわけです。

何があったか知りたくないですか!?

知りたかったらプレイするしかないですよねぇ!

ちなみにAndroid/iOS版は1,900円でエンディングまで遊ぶことができます。

これを高いと見るか安いと見るかはあなた次第です…

 

Android版事前登録受付開始されています…

play.google.com

【レイトン教授】ミステリージャーニー発売に至るまでの軌跡

レイトン新シリーズ「ミステリージャーニー~カトリーエイルと大富豪の陰謀~」の発売記念イベント、「世界ナゾトキ大冒険」が公開されましたが、みなさんご参加されていらっしゃいますか!

私はナゾの為に、朝一で仙台から渋谷まで飛びました。

f:id:maki56565:20170620232931j:plain

 

世界10ヵ国に出現するナゾを、SNSを駆使してみんなで解き明かそう!という趣旨のこのイベント。

毎日少しずつ更新され、早解き世界ランキング形式、全50問出題予定とあっては、発売までワクワクを抑えることができません。

 

公開初日の本日は、「レイトン」がトレンドワード1位になる事態も発生しました。

みんなナゾトキが大好きなんですねえ。

 

今作は「レイトン教授の娘」とされる人物、カトリーエイル・レイトンが主人公の物語となります。

f:id:maki56565:20170620230145j:plain

旧作をプレイしたファンからは、

「教授結婚してたの!?っていうか母親は誰なの!?」

という疑問の声が上がっているんですけど、日野社長の返答はどこ吹く風で

「そこ気になっちゃいますか?」

だそうです。(LEVEL5 vision ファンナイトより)

 

ファミ通の特集では

「次回作以降のナゾということで…」

とお茶を濁しているので、シリーズ中に明かす気ではあるみたいです。

というか、シリーズ作品にする気満々みたいです。

 

 

そもそもレイトン教授シリーズとは

1~3作目からなる第一部と、

4~6作目からなる第二部で構成されており、

4作目は、3作目の時系列から3年遡った話になります。

 

6作の発売を機にレベルファイブCEO日野社長が、「レイトンはもう新作を作らない」と公式に発表。

以降、細々と発売されるファンブックを胸に抱いたり、スピンオフ的な教授の日常が楽しめるコミック版「小さなナゾ」を楽しんだりして過ごしていました。

 

あと、5作目「奇跡の仮面」のサントラ「発売するよ!」って言ってたのに、

全然発売されなかった。

ほんと許さない。

もてあそばないでほしい。

 

かと思えば彼はエキスポジャパンで

「新作出したい」って、言い出した…

そしてある日…

「レイトンの後継作品出すわ」

って発表が公式に出された…

 

それが「レイトン7」

f:id:maki56565:20170620225638j:plain

そこには教授の影も形もなかった…

でもファンは一縷の望みをかけて待ち続けた…

 

そして忘れもしない2015年4月7日…(牧の誕生日)

社長は「レイトン7に教授出すわ」

って言いだした…

f:id:maki56565:20170620231007j:plain

描き下ろしイラストの可愛さに、ファンは狂喜したが、2015年夏のある日…事件は突如起こった…

 

「2015年夏配信予定!」と書かれていた文字が、

一切の痕跡を失っていた…

f:id:maki56565:20170620231112p:plain

現在の公式サイト>レイトン7

 

まったくもって、もてあそばないでほしい。

 

実はこの間、レイトンシリーズのアートディレクターを担当する鈴木 純氏のTwitterプロフィールが、「レイトン7絶賛制作中!」になっていた。

f:id:maki56565:20170620231733j:plain

 

「鈴木さんが言うならきっと出るんだろう…」

ファンはそう思って待ち続けていた…

 

でもある日、気付いたら鈴木さんは

他社に移籍されていた。

 

もうレベルファイブとか全然関係ない、スクエニの子会社的な所に入ってらっしゃった。

レイトン7が神話的扱いになったのはその日からである。

 

「レイトンはもう見捨てられてしまったのではないか」というファンの悲痛な声に耐え兼ねて、「じゃあハッキリさせとこうぜ」って始めたのがレイトン続編開発嘆願署名でした。

活動概要 - レイトン教授の続編を!

 

これが国籍を超えて1,738名の賛同者が集まり、ちょっとバズってるツイートレベルの署名になった。アカウントを登録して賛同を押すという手間を考えると、RTボタン一つ押す労力とは比べ物にならない想いが蓄積されたと思う。

数多の言語で綴られた「レイトン大好きです」は、全てプリントアウトして日野社長に届けました。

私は熱を出して参列できなかったのですが、2017年2月15日のレイトン10周年記念イベントで、直に社長と話した友人の話では、署名は確かに受け取ってもらったようでした。

 

からのミステリージャーニー8ヵ国語同時発売ですよ。

 

いや~、胸が熱くなりますね。

 

実際は、署名を提出した半年後にはレディレイトン(MJの前題)のPVが発表されていたので、署名とか関係なく制作してたんだろうな~と思うんですけど、制作陣を応援する形で署名を提出できたこと、また、少しでも新シリーズの宣伝に助力できたことを思うと、署名活動を行って本当に良かったなと思います。

 

奇しくも今回のイベントは

「全世界協力型イベント」

署名を通じて繋がった世界への架け橋が、引き続きレイトン新シリーズを応援することになるよう、多分きっと、日野社長の次くらいに願っています。

拝啓、がんばりやさんの君へ

やあ、まずはお茶でも飲んで行きませんか。

 

今日の紅茶は「アールグレイ

ベルガモットの香りがリラックス効果をもたらすらしい。

アイスティーで飲むと、鼻から抜けていく柑橘類の香りが

なんとも爽やかな気分にさせてくれる。

 

茶葉で出してくれるような喫茶店に行くと、

必ずといって並んでるのが「アールグレイ

一緒に並んでる「アッサム」や「ダージリン」のように

産地に準じて名付けられるのかと思ってた。

 

フレーバーティーの一種だと知った時は、

「この知識をドヤ顔で言える大人になりたい」

そう思った。

 

 

ブログを綴ろうと思った。

私から見える世界が

どうにもこうにも疲れ切ってしまっていて

 

なんかお茶でも飲みながら、

凝り固まったアレやコレが

ちょっとでもほぐれたらいいなと思った。

 

誰よりも、目も耳も聞こえないほど

がんばりすぎていた頃の自分に向けて。